MENU

緑人について
カテゴリー
グリーン・ポケットについて

グリーン・ポケットのフランチャイズ事業がランニングコストを抑えられる秘密について

起業する時に、初期費用について考えることは多いのですが、うっかり見落としがちなのがランニングコストです。
このランニングコストが高ければ、いつまでも損益分岐点売上高に到達せず、中々利益が上がりません。
起業して思わぬコストがかかる場合もあります。今回のように新型コロナウイルスなど予想外な事はいつどこで起きてもおかしくありません。
そのためには、初期費用を考えるだけでなく、ランニングコストも頭に入れることで全体のコストをできるだけ抑える考え方が必要です。
早く利益を出すためにも、予めランニングコストを抑えられる仕組みや起業の方法を考えておきましょう。
グリーン・ポケットでは、初期費用も抑えることが出来ますが、何よりランニングコストがかかりづらい仕組みを整えています。
これが、知識がない未経験の方でも続けやすい理由の一つでもあります。
では具体的にどうやってランニングコストを抑えているのかご紹介していきます。

ランニングコストとは?

ランニングコストについて

まず、ランニングコストとは一体どこまでを指すのか明確にしておきましょう。経営を維持するためのコストを「ランニングコスト」と呼びます。それとは別に初期費用のことは、同じビジネス用語で表すのなら「イニシャルコスト」という言い方をします。
イニシャルコストは、初期費用・導入費用と行った名目が含まれるため、事業を始める際に掛かるコストを主に指します。
機器の導入や、事務所・店舗を構える際に掛かる最初の費用です。
このランニングコストとイニシャルコストをわかりやすく家の引越しで考えてみましょう。
引っ越すことを決め、物件を探し契約を交わす際に支払う仲介手数料や鍵交換代、消毒代、保険料などがイニシャルコストにあたります。
そして住み始めて毎月掛かってくるのが家賃ですね。さらに生活をするとなると水道光熱費、管理費なども掛かります。
住む=運用と同じように考えて、維持していくために必要なコストをランニングコストと呼びます。
お給料=収入と考え、その中で生活をするなら、なるべく家賃や光熱費は抑えたいと考えるはずです。
経営にも同じことが言えるのがわかるかと思います。もちろんお給料、つまり収入が増えればランニングコストが多少かかっても時短に繋がる、もっと収益を伸ばすチャンスを増やせることもあります。
例えば、家電を最新にしたり、Wi-Fi環境を整えるなどの投資を行うことで仕事効率アップに繋がり収入が上がるといった例です。

なるべくランニングコストを抑えるために必要なこと

コストダウン

事業を始めるにあたり、家賃はランニングコストの中でも高い部類に入ります。また事業によっては光熱費も無視できません。
人件費もコストがかかるため、事業が軌道に乗るまでは最小限の人数から始める方が良いでしょう。
広告宣伝費が必要な場合も往々にあります。
最近は看板や紙媒体などの広告宣伝費より、DMやWEBによる集客が主流です。WEBの広告になると、広告の実費はもちろん設定や管理時間なども考えなければなりません。実務で手一杯になれば、広告代理店などに依頼することも可能です。そうなると当初想定した以上にコストが掛かります。
在庫を抱えることも在庫管理費となるので、これもコストになります。ざっと頭に浮かぶだけでもこれだけのランニングコストがかかることがわかります。実務に集中したい、早く利益を出したい場合、このランニングコストを下げることは重要課題でもあるのです。
その一方で、ランニングコストを下げることだけに集中しているとお客様に対してサービスの質が落ちたり、事業内容のクオリティが下がるケースもあるので要注意です。

グリーン・ポケットのフランチャイズ事業がランニングコストを抑えられる理由

グリーン・ポケットのFCをご検討中の方

説明会の予約・お問い合わせ

オンラインもしくは電話面談も可能です

江戸川本社にて無料説明会開催中

グリーン・ポケットのフランチャイズ事業グリーン・ポケットのFC 詳しくはこちら グリーン・ポケットのフランチャイズ事業グリーン・ポケットのFC 詳しくはこちら

グリーン・ポケットのフランチャイズ事業ではランニングコストを抑えられる理由について紹介していきます。

家賃のコストについて

グリーン・ポケットでは、観葉植物のレンタルサービスを行なっており、在庫をほとんど抱える必要がありません。
そのため、保管場所も小さくて済みます。

在庫管理費について

上記の家賃のコストに繋がるのですが在庫を抱えないため、在庫の保管費用がかかりません。取引先から回収した一部の観葉植物を保管する場合がありますが、空調管理費と水やりに使う少量の水道費ぐらいで済みます。

人件費について

一人から始められる事業なので、最初から人を雇う必要もありません。まずは小規模ではじめて、軌道に乗ってきてから人材を補えるので人件費を考えずに済みます。

グリーン・ポケットのフランチャイズ事業がランニングコストを抑えられる秘密について

今回はグリーン・ポケットがランニングコストを抑えられる仕組みについて紹介していきました。なるべく初期費用・ランニングコストを抑えつつ起業したい方は一度グリーン・ポケットのフランチャイズ加盟店募集のページをご覧ください。

グリーン・ポケットのFCをご検討中の方

説明会の予約・お問い合わせ

オンラインもしくは電話面談も可能です

江戸川本社にて無料説明会開催中

グリーン・ポケットのフランチャイズ事業グリーン・ポケットのFC 詳しくはこちら グリーン・ポケットのフランチャイズ事業グリーン・ポケットのFC 詳しくはこちら

関連記事